タイヤカバーを購入

ブレーキロータの錆防止として

私の車は少々ブレーキ鳴きが多く、特に雨が降った翌日は、ディスクブレーキローターが錆びて暫くキーキー煩い訳です。

車のブレーキは勿論、雨でも平気なように作られてはいるが、走行時はローターが回っている訳だから、遠心力とブレーキ熱、そしてブレーキパットによって水は直ぐになくなるので簡単には錆ない。問題は駐車時。例えば洗車後や、雨が降っている中にそのまま長時間車を駐車していると、ブレーキローターはその水で錆びる。錆びたからって壊れるようなやわなものではないし、錆びても変色ぐらいの無視しても良い程度だが、まぁ、そこはそれ。錆びるより錆びない方が良いに決まっている訳で、その錆を繰り返すとローターやパットの減りも比べると消耗は早いでしょう。少々値が張るパーツ達なので、けちぃな私はプラダンで囲いを作って雨が入らないように細工をしてたりしていたのだが、そのプラダンを付けたり外したりするときに紐をいちいちタイヤの裏を通して結ばないといけないので面倒でしょうがなかった。そこで、こういう商品は無いのかとネットを徘徊していたらありましたよ。

商品リンクを掲載してましたが、残念ながら廃盤となったようです。

ポチる

買ってみないと品質はわからないけど、まぁ、2、3千円のものだからダメ元で買ってみましょうとポチった。

サイズは245/40R18で外径65センチなので、Sサイズが該当。なんとSって軽自動車用なのね。最近の軽ってもはや軽じゃないよなぁ。昔、普通乗用車で吐いてた14インチなんて当たり前なんだもんな。タイヤだけでも普通サイズと同じ経費が掛かったり、軽の維持費のメリットという魅力がどっかいっちゃってる。

閑話休題。

カラーは黒とm銀があったが、あまり目立たせたく無かったので黒をチョイス。

質感は、まぁまぁ厚手とは言わないけど、ペラペラではない。ごしごしやっても簡単には破れなさそうと言えば伝わるかな?

宣伝文句では5年持つという事なので、その通り持ってほしい。まぁ、合格点かな。

早速装着。

サイズは少し大きいのか、下に数センチ余ってしまう。まぁ、足りないよりましかな。商品写真のようになにか固い板でも入ってまっすぐになるのかと思ってしまうが、ナイロン系の商品で、普通に布のように畳む事が出来るような商品だった。やはり買ってみないとわからない。でも板である必要はないのでOKとする。

装着すると、一番上に位置するところにメーカロゴのタグが付いていて、上下が判りやすい。そして、外す時もそのタグを引っ張れば外しやすい。

因みに、裏でひっかけられるようにゴム紐とプラスチックの大きなフックが付いているが、よく考えてほしい。裏にはナックルやサスアームが付いている。しかも最近の車はSUVで無い限り、手の入る隙間もない。そこに何をどうやってひっかけろと?なので、速攻で根元から切りました。

効果は抜群です。結構撥水効果もあり、その持続性もある。雨が降ると下がコンクリでも強い雨なら砂を巻き上げてタイヤやブレーキにかかるのです。

強めの雨で、これこのとおりどろどろ。

カバーが無かったら結構錆てただろうし、何よりホイールが汚れていた事でしょう。・・・屋根付きガレージならそんなもんは必要ないけどねぇ・・・。

あくまで一晩以上置く場合にこのカバーを使うのだが、他では洗車の時なんかは重宝する。まず水が掛かる心配はない。ホイール自体は後でカバーを外して、スポンジに水を浸してローターに水が掛からないように掃除するのだ。

元々この商品はタイヤの劣化を防止する為のもだから、そもそもの目的が違うんだけど、こういう努力の積み重ねが車を長持ちさせるのですよ。はい。

宜しければ、シェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA