LiveMail2012がサポート終了後、LiveMailの送受信が出来なくなった。

LiveMailよ、さようなら。

今までメインで使っていたLiveMail2012がサポート終了となって暫く立った。でも使えるから使っていたのだが、WindowsUpdate2004を当てた所でLiveMailの送受信が出来なくなった。

色々回避策を取ったのだが、送受信できないどころか、メールがどんどん表示不能の状態になっていく。回避方法を模索するが、LiveMailで続けて使う事はどうやら無理らしい。さらに、セキュリティーも危ういので、意を決してOutLookに替える事にした。

メール移行には定評のあるMailStore Homeを使う。Exchangeに出力する方法もあるようだが、どうも上手くいかないからだ。因みに、LiveMailで見えなくなったメールは、ファイルとしては残っているので、この移行ツールで復元できる。

この移行ツールは秀逸で、PC本体にインストールしなくても、USBメモリにもインストールが出来、持ち運べるという利点がある。

しかし、一つだけ難点があり、移行元のOfficeバージョンと同じバージョンが移行先にインストールされている必要があり、Officeが入っているだけという事ではエクスポート出来ない。

しかしエラー

で、今回もこのツールを使い、同じPC上にPSTファイルをエクスポートしようとするが、何故かエラー。

理由を尋ねると、

この機能には、Microsoft Outook XP /2003以上が必要です。

いやいや。入っているってばよ。しかも同じPCだから当然同じバージョンだし。

一応アプリと機能で確認する。ほらね、あるで・・し・・、無い。

あれ?なんで?

確かにない。

どうやら、WindowsUpdate2004でオフィスが吹っ飛んだらしい。私のPCだけではなく、周りのPCほぼすべて同じ現象。Office自体は使えるが、PCにインストールされている情報がすっぽりと消えている。

恐るべしWindowsUpdate。

Officeを入れなおす?

ここで色々調べたらこの方法があったので、別記事で紹介します。

Officeの情報が戻った事を確認したら、MailStore Homeを一旦終わらせ、再度、起動することで正常にエクスポートが走り出しました。

やれやれ・・・。これでOutlookに移行ができる。

さようなら、そしてありがとう、LiveMail。