Office2021で「サインインしてOfficeを設定する」が表示されるようになった。

マイクロソフト Office2021 プレインストール版

2022年辺りから販売されているOffice2021プレインストール版で、プロダクトキーがマザーボードにデジタル封入されているプロダクトキーレスバージョンのパソコンがある。

以前でも記事として、プロダクトキーの無いオフィスの再インストール方法をアップしていた。

OFFICE13

そのバージョンを利用していて、セキュリティーを重視したユーザで、インターネット接続を拒んでオフラインで使用されている方が居られる。そのユーザから以下のメッセージがいきなり表示されるようになったと連絡があった。

サインインしてOfficeを設定する画面

そもそもプロダクトキーが無いので、「プロダクトキーを所有している場合」も使えない。勿論、ネットに接続していないので、サインインはできない。

とりあえず、右上の「×」ボタンをクリックすればこの画面は消えるので、エクセルのアカウントメニューから製品情報を確認すると、「ライセンスが確認できません」とある。どうやらライセンスがはく奪されているようだ。

富士通さんの現象紹介対応記事

色々ググっていると、富士通さんの以下の記事があった。

再度Office 2021のライセンス認証が求められるお客様へ(富士通サイト)

この記事によると、オフィスの仕様で、インターネットを通じて定期的にアクティベーションされるので、オフラインで使っているとこの現象が発生するとの事。そして、その場合は、インターネットに接続して再アクティベーションせよとある。

インターネットに接続しているのに、また元の「サインインしてOfficeを設定する」表示が出てしまう場合は、こちらの修正モジュールを最後まで実行するとうまく行く。

https://www.speedsystem-jp.com/fix/cssemerg97275.diagcab

オフラインの場合

いやいや、じゃぁオフラインの場合はどうなのよ?と読んでみるがその対処方法は載っていない。それでは、記事最後にある「対処方法を実施しても問題が解消しない場合」を参照して、マイクロソフトにチャットで相談してみる。

対応は外人の方だった。でも、日本語で自動翻訳されて応答できる。ほぼ問題ないやり取りができる。これはなかなか優れている気がする。でも、伝わっていない所もあって、何度も同じ事を繰り返し言ってくる場面もあり、暴言ともとれるような場面もあり、まぁ、翻訳の所為でしょうと思いつつ質問を続ける。

解消方法は、哀れオンラインでのみ可

最終的な回答としては、「オンラインで再認証するしか方法が無い。」との事だった。困ったので、他に救済処置はないのか?と質問したら、この言葉を連呼されてしまった(苦笑)。

その中のやりとりで、有無を言わさず上記のモジュールをダウンロードさせられていた。何をするものかの説明はなかった。

どうやら、オフラインでも処置方法は無く、オンラインで対処するしか方法が無いようだ。これは困った。更新間隔としては、最低でも1年に1回は同じ状況になるようなので、その都度認証をしてやらないといけない。近場だったら、様子お伺いのついでに行えばいいが、他府県となると話は別だ。どうすべか。

最初から言っておいてほしい。

マイクロソフトも最初に言っといてほしい。オフラインで納品しているユーザは他にもいる。何とかして、臨時的にネットに接続させてアクティベーションさせないといけない。困ったもんだ。

解決策としては、それ以外今の所ない。マイクロソフトさんにはいつもこうやって困らさせる。